WEBで便利に情報公開。

WEBという言葉は聞いたことがあるけれど、WEBを使って何ができるのか分からないという方は意外と多いです。

WEBを使ってできること

WEBで便利に情報公開。 WEBという言葉は聞いたことがあるけれど、WEBを使って何ができるのか分からないという方は意外と多いです。蜘蛛の巣を意味するWEBは、私たちの身の回りにすでに張り巡らされているのですが、あまりにありふれているために気がつかない物です。では、どういった場所にWEBは潜んでいるのでしょう。

まず、朝目を覚ました貴方はメールをチェックします。メールはWEBそのもの。今日の天気を確認します。天気はWEBを使って気象庁から配信されています。テレビをつければデータ放送が出て、プレゼントに応募するとWEBで通信します。家を出て電車に乗れば、電子マネーで改札を通ります。ここでは、電子マネーの管理サーバとWEBで通信しますし、駅の中のコンビニで電子マネー決済をすれば、会計処理はWEBに送信されます。電車の中のモニターに表示されるCM映像はWEBで配信されていますし、社内にはスマホやタブレットでゲームに興じたり、電子書籍を読む人々がいます。彼らはWEBからコンテンツをダウンロードしています。会社に着けば会議。今日は遠隔地の支社とWEBカメラを使った会議。メールのやり取りに加え、社内のクラウドサーバに作業データを保存。などなど、WEBは日常生活にこれほど浸透しています。

もはやWEBなしでは動かないのが現代社会。縁の下の力持ちですから意識することがない技術ですが、目の付け所を変えてみると、WEBは世界中にありふれています。